豆焼沢・瀧谷洞「ひと目でわかる!!」本番ロケガイド

パイオニアケイビングクラブは日テレ「ひと目でわかる!!」のガイドのため、埼玉県秩父市の豆焼沢の瀧谷洞ケイビングを行いました。
2021年10月23日にロケハン、11月3日にロケを行い、亀梨和也さんやチョコレートプラネットの皆さん、テレビクルーの皆さんをご案内しました。放送は2021年11月30日(火)21時~です。

今回はお連れする人数が多く、総勢20名での活動となりました。当日は朝4時半に出会いの丘集合、そこからオープニングを撮影し、瀧谷洞を目指します。

先導は川崎、すぐ後ろにカメラマンが続き、進行方向側からゲストを撮影します。次にゲストと林田が続き、その後ろからカメラマンやテレビクルーの皆さんを臼倉、今野、白石がサポートしつつ続きます。20名での行進は圧巻でした。

瀧谷洞までの道のりは撮影時間も考慮して4時間を想定していましたが、実際は難所の通過に時間がかかり、5時間かかってしまいました。しかしながら、ロケハンではリタイアしたスタッフの皆さんも含め全員が瀧谷洞へと入洞することができました。

第二洞口から入洞し、最初に嶺鳴の間(巨大ホール)で撮影。この空間が全国放送でお茶の間に流れると思うとワクワクします。
その後、轟川沿いのルートへ。ゲストもスタッフも狭い箇所で苦戦しつつ、PCCメンバーもしっかりサポートしながら奥へと進みます。危険個所にはロープを張り、常に緊張しながらの過酷なロケです。

獣骨ホールへと抜けた後、登竜門の滝へと向かいます。滝の水を汲んでから引き返しました。

行きと同じくらいの時間をかけながら嶺鳴の間へと戻り、汲んできた滝の水で淹れたコーヒーで乾杯。虹色にライトアップされた嶺鳴の間で、亀梨和也さんやチョコレートプラネットの皆さんと飲むコーヒーは格別な美味しさでした。

出洞は日没が近く、完全に暗闇の中を下山しました。体力的に限界なスタッフも数人いたためグループを2つに分けて下山、先行グループをサポートしていた林田は出会いの丘で引き返し、1日で結局1.5往復することとなりました。

全員が5時間かけて無事下山したころには実に22時を過ぎており、出発してから16時間ものロケとなりました。ゲストの皆さん、テレビクルーの皆さん、ご協力いただいたPCCメンバーの皆さん、本当にお疲れ様でした。

放送当日が楽しみです。

(林田 記)